Il y a 12 ans à Moscou...2014/11/12 08:42:21

今日テレビで放映される番組についてのお知らせです。

《番組名 ザ!世界仰天ニュース
 有名事件スペシャル
 900人が人質 モスクワ劇場占拠事件

 日本テレビ 11月12日(水)夜9時~9時54分放送
http://www.ntv.co.jp/gyoten/yokoku/index.html

 2002年10月23日、ロシアの首都モスクワの劇場で起こったテロ事件。
 この日、ミュージカルを見に来ていた900人以上の観客を人質にとり、自爆覚悟のテロリスト42人がロシア政府に要求したのは、故郷「チェチェン」からロシア軍を撤退させる事。要求をのまないロシア政府に苛立ちを覚える犯人。次々起こる予想もしない事態に焦る政府。
 4日間に及ぶ抗争の末、事件は誰もが予想しなかった衝撃の結末を迎える!!

 ゲスト: アジアン 大島優子 テツandトモ 羽鳥慎一 元木大介(50音順)》

(以上、下記メルマガより引用)
※メルマガは昨日の配信なので、文中では「あす12日」と記載されていますが、今日です。

***********************************************************************
差出人: チェチェンニュース編集室 mag2 0000093520 <mailmag@mag2.com>
件名: チェチェンニュース#442 モスクワ劇場占拠事件についての補足
日時: 2014年11月11日 4:00:18 JSTチェチェンニュース

(転送・転載・引用歓迎)

■モスクワ劇場占拠事件とその後──番組の補足として

●真実はいまだに闇の中に
最近、もう一度劇場占拠事件のことを調べてみた。
12日の番組にあわせてお読みいただければと思う。

事件が起こったのは
ほぼ12年前の、2002年10月23日だった。
モスクワのドブロフカ劇場を、チェチェン人ゲリラ41人が、912人の人質を取って占拠し、
「ロシア軍のチェチェンからの撤退」
を要求した。しかし26日にロシア治安部隊が劇場に毒ガスを注入して制圧し、人質130人が死亡、ゲリラの41人も全員が射殺された。

これが公式発表だ。

最終的に犯人たちは要求を譲歩し、
「チェチェンの一部行政区画からの撤退」
でもかまわないと表明したのだが、その直後に治安部隊が突入した。
治安部隊が使用した毒ガスの詳細は、いまだに明らかにされていない。
2011年に、ヨーロッパ人権裁判所は遺族たちの訴えを認め、制圧のために毒ガスを使用しながら、解毒剤を用意しなかったロシア政府に対して、賠償金総額約1700億円を遺族に支払うよう命令した。

犯人たちがその場で全員射殺されたため、かれらの動機や、劇場の中での出来事を知る手がかりも失われた。
この事件の真実はなお、闇の中だ。

●行方をくらましたゲリラたちはどこへ?
実は公式発表に反して、事故現場からは4人前後のゲリラが脱出したと言われている。
そのうちの一人は、後にジャーナリストのアンナ・ポリトコフスカヤの前に現れ、なんとロシア政府職員の職員証を見せた。テロリストは、ロシア政府が雇っていたのか?
http://chechennews.org/archives/20030508cn.htm

2011年には、脱出したゲリラをめぐって、事件の再捜査も行われた。
http://www.themoscowtimes.com/news/article/lawyer-theater-hostage-crisis-probe-reopened/430991.html
(結果は、どうなったのだろうか……)

また、占拠犯のモフサル・バラーエフの一家は、実はチェチェンでも有名なロシア連邦保安局(FSB)の協力者だったことが暴露されている。(『ロシア闇の戦争』リトヴィネンコ著、光文社)
モフサルの伯父・アルビは、チェチェンでの大量誘拐事件の犯人の一人であり、実はFSBの通行証を持って、どこにでも堂々と移動することができた。
また、FSBが資金作りのためにやっていた偽ドル札の工場がチェチェンにあり、それを実際に動かしていたのもアルビ・バラーエフだった。
なぜチェチェンにあったかというと、最終的にチェチェン人に罪をなすりつけたいからだ。
このように、事件の首謀者自身がが、実はロシアの手先だった可能性さえある。
こういった謀略的な背景は、事件直後から指摘されてきた。
http://chechennews.org/archives/20021026pokov.htm

●彼らは、なぜ劇場を占拠したか
いずれにしても、占拠犯たちが訴えた、
「チェチェンからロシア軍を撤退させろ」
という要求自体は、まともなものだし、自殺同然の覚悟でモフサルについてきた人々の真剣さは、想像にあまりある。チェチェンでは多くの人が、夫や妻、子どもを戦争で殺されてきたのだ。

この事件のことを知って、「ロシアも、チェチェンも怖いですね」というような感想に終わってしまっては、ただ単に人々の苦しみや死を、テレビのこちら側から消費することになってしまう気がする。

400年も前からロシアの侵略を受けてきたチェチェンと北コーカサス。そして、1995年からの二度の戦争。その文脈の上に、この事件がある。

この事件が本当に「仰天」なのは、単に大勢の人が死んだからではなく、こういった複雑な背景があり、敵味方さえわからない状況の中で、守られるべき市民が130人も──意味もなく──殺されてしまい、犯人たちもほとんど殺され、挑発者だけが脱出したのに逮捕もされず、いまだに真相が謎のままであることだと思う。

もしロシア政府自体が、この事件の黒幕だったとすれば……
この後に起こるベスラン学校占拠事件にも、私たちはまったく別の見方をすることになるだろう。

こうした深い闇が存在することを、少しでも視聴者の方々が感じてくださればと思う。

 あす12日に、地上波で次の番組が放送されます。
 チェチェンニュース編集室として、制作に協力しました。
 どうぞご覧ください。
 また、よろしければご感想をお寄せください。

 番組名 ザ!世界仰天ニュース
 有名事件スペシャル
 900人が人質 モスクワ劇場占拠事件

 日本テレビ 11月12日(水)夜9時~9時54分放送
http://www.ntv.co.jp/gyoten/yokoku/index.html

 2002年10月23日、ロシアの首都モスクワの劇場で起こったテロ事件。
 この日、ミュージカルを見に来ていた900人以上の観客を人質にとり、自爆覚悟のテロリスト42人がロシア政府に要求したのは、故郷「チェチェン」からロシア軍を撤退させる事。要求をのまないロシア政府に苛立ちを覚える犯人。次々起こる予想もしない事態に焦る政府。
 4日間に及ぶ抗争の末、事件は誰もが予想しなかった衝撃の結末を迎える!!
 ゲスト: アジアン 大島優子 テツandトモ 羽鳥慎一 元木大介(50音順)
====================================

▼チェチェンニュースは、みなさまのカンパによって発行されています。ご協力をおねがいします。少額でもかまいません。
 〈郵便振替口座番号 00130-8-742287 チェチェンニュース編集室〉
 〈ゆうちょ銀行 019店 当座 0742287 チェチェンニュースヘンシュウシツ〉

▼チェチェンニュースは、ロシアによる対チェチェン軍事侵攻と占領に反対し、平和的解決を求める立場から発行している無料のメルマガです。2001年から発行しています。

▼新規購読はこちらから: http://chechennews.org/chn/index.htm

▼よろしければご意見や情報をお寄せください:editor@chechennews.org

▼発行部数:1473部
 ツイッター: @chechennews 発行人:大富亮

====================================
◎チェチェンニュースのバックナンバー・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000093520/index.html

*********************************************************
(引用終わり)
※一部改行、句読点を調整しました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック