Il fait froid, mais très beau! On va se promener, Maman!2014/12/14 12:08:07

ほったらかしにしているブログに、それでも訪問してくださっているかたがいらっしゃると見えて、管理画面を開けると出るアクセス順位がいつも100番台である。ありがとうございます。

みなさん、ほんまにおおきに。なまけもんですんません。そやけど、なまけもんなんは、ブログだけですねん。自分のブログに触る暇、1分もあらへんの、毎日。働きまくってますねん、毎日。何の仕事か、て言うたら家事と介護ばっかしなもんで、生産性は全然あらへんの、毎日。蓄えの底の尽きる日の到来がリアルになってきて、笑てられへんけど、今の暮らし、気に入らんこともないし、けっこう穏やかな気持ちで家事と介護三昧してますの、毎日。

面白い本、連日たくさん読んでて、記録しときたいわあという気持ちはいっぱいあるねんけど、言いたいこと書きたいこと考えたいこと次から次に湧いてきて、いつもタイムリミットで「ああまた今度にしよ」とつぶやいて一日終わる。
面白いことがたくさんある。ハマってしまうと抜け出せないくらい、面白そうなことが、おいでおいでと手招きしている。誘惑に負けると容易にその世界に溺れてしまうので、ぐっと心の歯を食いしばって(リアルの歯は歯茎が不健康なので食いしばってはいけませんと歯医者にいわれている。笑)手招きに背を向ける。ああ、くやしい。試食してみたいあの世界……なんていうことがほんましょっちゅうある。

なんでこの世にはこんなに面白いことがゴロゴロ転がってんのやろ? なんで、そやのに、面白いことがみんなに行き渡らへんのやろ? お金がなくても、仕事がなくても、友達がいなくても、家族がいなくても、心の琴線に触れる何か面白いことに出会えさえすれば、自ら命を絶つなんて選択をしなくても、生き延びることができたはずなのに。

母は昔、よく「もうわたし首吊る」と口走った。本気でそんなことができるわけはないのに。でも、それほど辛かったのはたしかだ。それでも、思いとどまった、というか、実践場所がなかったというか、とりあえず「首吊る」気配はまったく見せないまま辛さをやり過ごして、その主因たる夫も見送り、現在に至る。
母は今思うように身体を動かすことができないため、私が介護しているが、ときどき、首を吊らずに生き延びてきたことを、この人はほんとうに幸いだと感じているのか、とふと思う。孫娘が送ってくれたバースデーカードには、「私の引退公演まで生きててね」と書いてあった。引退公演って、まだデビューもしてへんのになあと涙声で笑った。辛い毎日だったけれど、娘や息子の、高校合格、大学合格、就職決定、海外旅行の土産、著作の出版、結婚や孫の誕生などなど、欲張らず生きていれば訪れるささやかな出来事の喜びを積み重ねることで、自身を納得させてきたに違いないと、母を眺めていて思う。生きているせいで、こんなに世話をかけているし、こんなにお金も遣わせているし、勤めまで辞めさせてと、自分を責めることもたびたびあるだろうけれど、なんだかんだいいながら私たちはべつにさほど苦にもせず母を抱えているのである。

それはときに、子育てよりも、未来が洋々とはしていない分しんどいし、猫の世話よりも、物理的に重くて、しっかり文句を言われたりすることもある分いまいましい。だけど、たぶん、いろいろなことがあったけれども終(つい)の記憶に残るかもしれないと思うと、とっとと忘れ去られそうな子育てよりも、全然覚えてくれるわけない猫の世話よりも、気持ちを込めてできることでもあるのである。

寒いなあ。
でもとても天気がいい。どこまでも澄んだ青空のもと、散歩がてら商店街を歩きに行こう。母の身支度も、万端のようだ。昨日は事始めだったし、お正月準備の話でもしながら歩こうか。

コメント

_ コマンタ ― 2014/12/23 20:09:59

「気持ちを込めてできることでもある」。ほんとですよねえ。綱渡りのように過ごしてきながら楽天的に明るく考えようとしているのは、ほんとに自分なのかなと思うような、へんな気持ちです。それとはべつに、育ててもらった記憶のほうも(思い出されないだけで)その人の心のライフラインとでもいうものの芯をかたちづくっていると思います。

_ midi ― 2014/12/23 22:53:48

コマンタさん、こんばんは。
少し、落ち着かれたのでしょうか。
何日も、何か月も、何年もかけてさまざまなことが思い出されます。この投稿で書いたように、母はあほんだらの父のためにずいぶん苦しみましたが、同性の目から見れば、そんなあほんだらにさっさと見切りをつけて自分の人生を自ら生きようとしない母こそたわけものでした。母の姿に私はいつもイラついていました、若い時はね。でも、何年も経って、近所のオヤジたちが往年の父の話に花を咲かせたり、ほんまにものすご世話になってなあと私なんかに深々頭を下げにきたりして、思わぬ父の一面を知らされたりするたび、母はおそらくそういう父のいいところも熟知していたからこそ見捨てることはしなかったんだろう、とそんなふうに何かがすとんと落ちるのです、あたまの後ろのほうで。すると、とても昭和的な夫婦なんだけど、現代の平成のカップルなんかよりよほどお互いを解り合っていたのかも、とも思うのです。私は自分の両親の、「めおと」としての在りかたが大嫌いでさっさと夫をもたない道を簡単に選んだんだけど、後悔してないと言ったらちょっと嘘になるわあ(笑)。
とこのようにね、肉親の死は多くのことを考えるきっかけになったり、思わぬことに理解が深まったりする道を拓いてくれたりしますよね。あほんだらな親父の死、伯父や伯母の死、親しい人の死、親しい人の親の死、恩師の死、などに遭い続けてあまりにいろいろ考えさせられることばかりなので、母の死はできるだけ先送りしたいと思うわけです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック